« [ShifShif]しふしふの教科書-4.きろく画面 | トップページ

2013年8月25日 (日)

[ShifShif]しふしふの教科書-5.ゲーム攻略

目次に戻る

5.1.離れたブロックを近づける


「しふしふ」のちょっとしたテクニックをご紹介します。

5.1.離れたブロックを近づける


積んでいるブロックを使って、落下ブロックのすきまを詰めることができます。


たとえば上の図の場合、落下ブロックの2つの赤ブロックが離れていて、さらに積んでいる赤ブロックの左右に緑ブロックが有るため、
どうしふとしても赤のブロックを消すことはできませんが・・・




この図の場合は、赤のブロックを消すことができます。どうしふとすれば良いでしょうか?




①まず落下ブロックの隙間を、積んでいるブロックで埋めるようにブロックを落とします。
②そして右にしふとすると、離れたぶろっくがくっつきます。
③あとは積んでいる赤ブロックの上に載せれば、赤ブロックを消すことができます。

これは、「2.ゲーム画面(「かいし」モード)-2.3.落下ブロックの動き」で説明した、横にブロックが有る時のしふとのルールを利用したテクニックです。




このように隙間が2個分あっても、積んでいるブロックが2つ並んでいれば、隙間を詰めることができます。



この図ではブロックが2つ離れていますが、積んでいるブロックで「1つずつ」隙間を埋めていけば、赤ブロックを消すことができます。




落下ブロックのしふとは、端っこがつながって輪になっているようなものです。
ですのでこの図の様に、両端の積んでいるブロックは「2個つながっている」のと同じように2個の隙間を埋めることができます。

« [ShifShif]しふしふの教科書-4.きろく画面 | トップページ

しふしふ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [ShifShif]しふしふの教科書-5.ゲーム攻略:

« [ShifShif]しふしふの教科書-4.きろく画面 | トップページ